2007年06月27日

1 スウェーデン編

初めての旅

 広島の我が家の近くにスウェーデン人のキリスト教宣教師ヨーディス・アンデルソンさんが住んで居られた。彼女には世界各地から夥しい数の来訪者があった。その度に、私は被爆爆体験を語り原爆資料館を案内した。1995年9月、彼女が休暇で一事帰国されたので、彼女を追っかけてスウェーデンを訪れることにした。準備をしていると親しい友人たちも行きたいと言い出した。日を追って希望者が増え続け、総勢17人になった。

 最初の訪問地ストックホルムでは、日本語が堪能なカリン・ヤンソン牧師の教会を訪ねた。その後、私がストックホルム周辺を平和行脚する際には、彼女が何度も通訳をして下さった。(2003年末、54歳の若さで心臓発作のために逝去されたと悲報があった時、私は、自分の気持ちをどう処理してよいか分からなかった)。

 2日後、一行は南の内陸部・ヨンショピンに移動した。

 パーティーの料理は持ち寄りで、私たち日本人はバラ寿司と餃子を供することになっていた。仲間が用意している間、私は新聞社からインタビューを受けた。

 手短に被爆体験を話しただけなのに、記者の目には涙があふれてきた。彼は「私の国は戦争をしないので、そんな恐ろしいことを想像する力なんか私にはありません。今の世界情勢を思えば、私の国が世界平和実現にむかって貢献することが必要です。いい記事を書きます」と言って、金色の産毛が光っている腕で涙を拭った。若くて弱々しい感じの青年記者だった。

 パーティーはスウェーデンの民族音楽団とダンシングチームが流れこんできて始まった。私たちも輪に入って踊った。

「日本人の体格が小さい理由が分かった。細い2本の箸では食べ物を口に持っていくまでにこぼれてしまう」と、老齢の男性が言った。交流は夜がふけるのを忘れさせた。

 翌日、私の記事が新聞に載った。それを読んだ人たちから、被爆体験を語るために再来をと要望がでた。ヨーディスさんは「私が通訳するからツアーをしよう」と、言われた。それが実現したのは、彼女が引退されて帰国後、2001年からのことだった。

1%20%E3%83%A8%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%94%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BA%A4%E6%B5%81.jpg
ヨンショピンでの交流

2 日系二世アメリカンとヒロシマ

 97年4月初旬、日系二世のMさんがお孫さんと広島訪問されるから、お宿と案内をと沼津の友人から頼まれた。いつもするように、私は、マジックインクで彼の名を書いた紙を用意して広島駅に急いだ。彼は、引退牧師ですと流暢な日本語で自己紹介された。英語しか話せないK少年が寡黙なのは無理もない。

 夕食後、早々にK少年が寝入ったので、私たちは終わることを忘れて話をした。

 彼は松本市からアメリカに移民した一家の次男だそうだ。太平洋戦争が始まる以前、両親は先祖の土を踏んで来いと、長男を日本に送ったそうだ。兄は日本の風土、とりわけ両親の故郷が気に入って、アメリカに戻ろうとせずに慶応大学に入学したそうだ。そして、日本兵として戦死。一家は日本人収容所で辛い日々をおくったそうだ。彼は、広島が原爆でやられたのは真珠湾を奇襲したから仕方ないと嗚咽しながら語った。

 翌朝、広島平和記念資料館(通称・原爆資料館)に行った。「ひどい、恐ろしい」と、連発しながら見入っていた彼だが、地球儀に核兵器保有の量が国別に示してある展示物を見つけると「K、アメリカは凄いぞ」と、辺りに響く声で誇らしげに言った。

 帰りの電車の中で、彼は「私の容貌は日本人に見えますか、それともアメリカ人に見えますか」と囁いた。彼は何を聞き出そうとしているのだろうか・・・私は彼の顔をマジマジと見つめた。私の見るところ、彼の容貌は紛れもなく日本人であるから言葉を返すのをためらっていた。更に「ねぇ、私はアメリカ人ですよね」と、彼は有無を言わせない語調で押し付けるように言われた。

 その翌日、世界遺産になっている宮島に案内した。コロラドには海がないからと、K少年は貝堀りに夢中になった。十数個しか掘れなかったが、シジミ貝のスープはK少年を喜ばせた。

「日本が真珠湾を奇襲しなかったら、兄は死ななかった。日本が兄を殺した」という言葉と「戦後、収容所から開放された後、日本が窮乏していると知って支援活動を行った。アメリカから日本に送った援助物資の大半は日系人からだったことを知ってほしい」と言われたことは、今も私の耳に残っている。
 日本とアメリカの狭間で複雑な思いを交錯させていた彼。

ヒロシマを見た彼は、あれから変ったのだろうか、それとも、核保有を止めようとしないアメリカを誇らしく思っているのだろうか。

2%E3%80%80%E5%AE%AE%E5%B3%B6.JPG
(世界遺産の宮島:満潮時には海水が
厳島神社の床下を浸す)

3 ミャンマー編

ミャンマーからの風

 1997年7月、関西在住の友人門田紀子さんに案内されて、ミャンマーから神学校の副校長・Aさんが来広されたので広島YWCAで講演を依頼した。軍事政権下なので、国外での言動がチェックされる恐れがあるから、匿名で語るのが条件であった。

 以下は、Aさん講話。

“ミャンマー全土においては仏教の僧侶は特別扱いされている。と言っても、彼らは托鉢をして自活しなくてはならない。Aさんが住む地域メイミョは昔の首都マンダレー北方の高地にある。首都ヤンゴンから遠く離れていて、良くも悪くも行政が行き届かない。そのうえ、かつてイギリス軍の基地があったからキリスト教徒が多く、英語が通じる人がいる。一般に市民は貧しい。生活物資は豊富に市場に出回っているが、肉は贅沢品だし、内陸部なので魚介類は入手困難だから、蛋白質不足によるクル病に罹る人が多い。学生たちは文房具にも事欠いているが、現状を抜け出したい意欲があるから向学心が強い。”
 Aさんの講話の後、会場から対日感情について質問があった。

「戦時中、日本軍が略奪・強姦・殺戮をしたので、反日感情を持っている老年層が居ますが、若年層は、職のない人が多いので、日本を好きではないが出稼ぎに行く国として憧れています。教育者の私は、公正な世界観を持ちたいと心がけています。核兵器で破壊されたヒロシマを自分の目で確かめて、人類にとって何が課題かを学生たちに伝えたいと思っています」と、言われた。

 原爆資料館を回っているときも、平和公園にある数々の碑の前でも、彼女は何度も立ち止まり、両手を胸元に合わせて祈った。涙が頬を伝わっていた。さらに「啓子さん、被爆したのに、よく生きていましたね。亡くなった人の無念さを代弁してください」と、私の肩を抱いてくださった。

 Aさんが風のように去った後、YWCAで募金活動が始まり、翌年の春、募金と日用品を届けるために、紀子さんと私がAさんの学校に届けることになった。

 Aさんから、学生たちに被爆体験を語って欲しいと便りがあった。紀子さんが私の原爆体験記を英語に訳してくださった。英訳なった体験記を声に出して練習をするのが私の日課になった。
 それが、その後の私の平和行脚の一歩目になろうとは、神のみの知ることであった。

3%20%E8%B3%87%E6%96%99%E9%A4%A8%E3%81%AE%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg
(原爆資料館には多数の外国人の姿が絶えません)

4 ミャンマー編

メイミョの風に吹かれて

 広島YWCAで集めた募金が10万円になった。翻訳家の紀子さんと連れ立ってミャンマーに行くのは1998年3月と決めた。Aさんの神学校で催される研修会で被爆体験を語る、卒業式と彼女の結婚式とに列席するという予定もあった。

 ヤンゴンからマンダレーまで621キロ・13時間、列車の揺れと騒音は並ではなかった。さらに、Aさんの待っているメイミョに向かうのは外人専用のタクシー。だが、それはボロボロの日本製軽トラックだった。
 神学校の教室は天井からぶら下がっている裸電球が1個だけで、ガラスが割れた窓は厚紙で補修してあった。

 被爆体験を語っている最中、私は、こんな貧しさに耐えている学生たちに、ヒロシマを伝える必要があるのだろうかと考えていた。だが、それは杞憂だった。彼らは我先にと、核兵器を持たないこと、争わないこと、憎しみを持たないことが、世界平和の原点であると発言して下さった。しかも、現時点でも被爆者が病床にあることを心配して祈りを捧げて下さった。

 校長先生に募金を渡すとき「電球を増やすとか、校舎の修理にお遣いください」と言ったら、「形のあるものは壊れます。貧しい学生たちの生活を支えるために遣いたいです。そのほうが実りがあります」と言われたので、言葉を失った。

 その夕方、町で小柄なオバアサンに声を掛けられた。彼女は「学校には電灯があるけれど、一般の家には電気がこないの。学校にはテレビがあって町の人に見せてくださるの、私は『おしん』を観に行くのよ」と、言われた。

 私は、自分勝手な尺度持っていたことを知ると同時に、校長先生の言葉を胸で反芻した。

 卒業式は簡素だが荘厳だった。

 その翌日はウエディングドレスを着たAさんが馬車に乗って町を闊歩した。学生たちが育てた豚が披露宴の食卓に載った。

 披露宴が始まって半時も経たないうちに招待客が次々と姿を消した。と同時に窓から見物していた人たちが空席に殺到して食卓の料理を食べはじめた。「婚礼では貧しい人たちが入れ代ってご馳走を頂くのが風習です。そうでもしない限り、我々はお肉を食べるチャンスがないのです」と、町の人に教えられた。

4%20%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%9F%E3%81%A1.jpg
被爆体験を聞く学生たち
裸電球1個だけの教室は、つねに薄暗い
(校舎は旧イギリス軍用の建造物で、建設半ばで撤退したそうだから、階段も教室も危険が一杯)

5 アメリカ編

アフガン女性 
 
 1998年、広島に拠点を置くワールドフレンドシップセンターから派遣されてアメリカ東北部5州を行脚した。メンバーは長崎の被爆者、学生二人、私の計四人だった。

 9月15日、メリーランド州アナポリスに着いたのは広島を発ってから23時間も経っていた。私はアジア料理店を経営しているアフガン人ファヒマさんの家にステイすることになった。内心では「アメリカに来たのに、何故、アフガン人の家なの?」と不満だった。彼女の夫はアメリカ人で、日本人を招くのに賛同しているようには思えなかった。

 6日間の滞在中、夜な夜なファヒマさんから身の上話を聞いた。最初の夫はアフガン人だった。度重なる戦乱のせいでアル中になって死んだそうだ。近親者が地雷で身障者になった。化学者だった彼女だが、肉親を戦乱の地から救い出すためにアメリカに来て商売を始めたことなど、辛い話ばかりだった。「でも、今の夫に救われたのよ」と、嬉しそうだった。さらに「新聞で被爆者が来ると知ったので、私の家にステイするように頼みに行ったのよ。啓子なら、私の苦しみを分かちあってくれるよね」と言った。

 彼女の夫は、私がアメリカの原爆投下を責めるのではないかと思っていたらしいが、ファヒマさんに勧められて私の被爆体験記を読んでから、私たちの平和行脚を理解しようとするふうに見えた。だが、互いの距離が縮まるほどにはならなかった。

 他のメンバーは、典型的なアメリカ人の家にステイしていたから、陽気な話題に事欠かないようだったが、私がアジア料理を堪能していると知ってから「羨ましい。ジャンクフードばかりで、咽喉を通らなくなりそう」と言った。

 別れの時、「日本に来てください」と、ファヒマさんに挨拶したら「駄目。お金が溜まったら肉親をアフガンに連れに行くの。啓子こそ、またいらっしゃい」と、言われた。

 9・11以後、アメリカがアフガンを攻撃した。アメリカに居住しているアフガン人が居心地の悪い思いをしているそうだが、ファヒマさんは妹夫妻をアフガンからアメリカに呼び寄せたし、レストランは繁盛していると、教会関係から伝わってきた。それが本当であって欲しいと祈るしか、私に出来ることはない。

5%20%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%B3%E5%A5%B3%E6%80%A7F%E3%81%95%E3%82%93.jpg
(レストランを切り盛りするファヒマさん)

6 アメリカ編

学校訪問と市民社会 

 アナポリス市長表敬訪問が最初のプログラムだった。通された部屋の中ほどに、ワシントン、ジェファーソン、フランクリンが独立宣言を起草した机が威容を誇っていた。人口35.000人。市議9人、そのうち女性が4人というのは頼もしい。

 いよいよ小学校訪問。私たちに与えられた時間は1人10分間。こちらは即席のチームだから打ち合わせ通りに運ぶわけがない。英語の達者な大学生とヘボ英語の被爆者との間に気まずさが漂う。

 子どもたちは被爆した佐々木サダコが、それに因る白血病で亡くなったと知っているが、その原爆をアメリカが投下したことについては、「リメンバー パールハーバー」と口を揃えて言う。親たちがそう言うのだろう。子どもたちの興味は千羽鶴。折り方を習いたいと言われれば従うしかない。あせっているうちに時間切れになってしまった。

 小学生を相手にして、歴史認識の論争もないものと、私たちは黙りこんだが悔しさで胸がつまりそうだった。この市民感情のミゾは、どこまでも合意点を見出せないだろう。

 夜は、何通りもの集会に参加した。そられは持ち寄りの夕食会から始まる。これはアメリカ社会では慣わしであることが、おいおい分かってきた。

 多彩な集会の中でも私が興味を持ったのは、ベトナム帰還兵の癒しのグループだった。あの戦争は何だったのかと悩むあまり、未だに社会復帰できない人が多いそうだ。多くの市民が病んでいる人に手を差し伸べていた。歌ったり、何気ない話をしたりして、決して一人ぼっちじゃないと内的変化を促すのだそうだ。「ヤア」と、気さくに声を掛けてきたのは私服姿の市長さんだった。

 そんな運動をしている人たちも居るのに、あれから何度もアメリカは戦争を繰返している。アナポリスは映画「愛と青春の旅立ち」で知られている海軍兵学校の存在によって繁栄している都市であり、兵学校に属している人たちは特別のエリートとして尊敬されている。所詮、兵士は人殺しのプロではないかと、疑念が湧く。

6%20%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%B8%82%E9%95%B7%E8%A1%A8%E6%95%AC%E8%A8%AA%E5%95%8F.jpg
(支庁舎の前で:アナポリス市長と)

7 アメリカ編

スープキッチン

 ワシントンDCのブラザレン教会がホームレスのためのスープキッチンを開いている。その規模は聞きしに勝る施設で、まるで特大ホテルのキッチンのようである。世界各地から大勢のボランティアが集って来ているそうだ。肌の色もとりどりなのがいかにもアメリカらしい。運営は寄付によって賄われている。食品メーカーから現物の寄付が寄せられるし、社会復帰した人たちからも感謝の金品が寄せられるそうだ。

 私たちは1日だけのボランティアなので、単純作業をすることになった。献立はなかなか豪華で、デザートもコーヒーも付いているとは驚いた。私の担当はスープ類の配膳に決まった。

 12時を告げる教会の鐘が鳴り始めると同時にドドッと2階に駆け上がって来た人たちが我先にと行列をなした光景は、まさしく人の壁だった。

 大きなパン数個、山盛りのバターライス、茄子のシチューを盛った長方形のトレイが次から次へと私の胸元に突き出された。彼らの好みを訊ねてから、大きな丼にマカロニスープかトマトスープを注ぐ作業は並大抵ではなかった。内緒でお代わりを要求する人、恥ずかしそうに黙々と食べる人などは、とても直視できなかったのだが、慣れてくると私にも周囲を観察する余裕がでてきた。

 食べ終わってからも、スナック菓子やパンなどをポケットに忍ばせる人、給食をプラスティック容器に詰める人。そうしながら、私たちに愛想笑いをする人たちも居て、目のやり場に困った。

 ホームレスの男性たちの殆どが戦場の体験者で、しかも、有色の人が多いのを見れば、社会復帰が難しいという意味も見えてくるような気がする。女性たちは男性の暴力とか子育てに疲れた人だという。
 昨今、日本の各地にもホームレスの人たちが増え続けている。駅の周辺や川原や公園などに段ボールとか工事現場のようにシートを張った小屋風のものを見つけると、遠回りしてしまう私である。

 このスープキッチンの体験が、私にとって、何だったのか、答えが出る時が来るのだろうか。暗色の課題を胸に詰めたけれど、作業が終わると同時に空腹感が迫ってきた。昼食はホームレスの食べ残しを所望した。鍋の底から掬い取ったスープの味は絶品だった。

7%20%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3.jpg
(スープキッチンの作業を終えて)

8 アメリカ編

平和教育のすすめかた
 
 98年9月、オハイオ州ブラフトン。

 ジーンさんの家にステイした最初の夜、被爆体験を話して欲しいと言われた。夕食後でもあるし翌日の平和授業で話す予定になっているので手短に話していると、「私の愛する生徒たちは小学校3年生なのよ。お願いだから、日本の文化とか童謡を教えて上げて」と、涙声で懇願された。ベッドの中でどうしたものだろうかと考えているうちに夜が明けた。

 1時限目は彼女の授業の参観。名指しされた女児が朗読を始めた。児童たちはてんでにパソコン、寝転がり、カードで言葉遊びをしているので不思議だった。

 2時限目になった。ケイコ・ムラカミと紹介されたので「アジアの多くの国では苗字を先、名前は後から呼びます。私は村上啓子です」と、自己紹介をした。孫がお世話になっている保育園から託された千羽鶴を机の上に広げると「本当に、子どもたちが作ったの?」と感嘆の声があがった。「歌を教えて上げる」と言うと拍手が起こった。私でも簡単に訳せるので「春が来た、春が来た、どこに来た・・・」と歌うと、児童たちも歌いだした。

 ふいに「啓子、ゴー」と、ジーンさんが目配せしてくれた。

 「私が体験したヒロシマのことを聞いてください」と言って、手短に被爆体験を語った。賑やかだった教室が静まりかえって恐ろしいくらいになった。

 私に駆け寄って手を握ってくれる子、涙を拭う子、両手で顔を覆う子。幼いなりに理解してくれたようだった。

 午後。近くの大学で平和教育の進め方という授業を参観した。「平和の国を想像して絵を描きましょう」と言えば、どの子も動物を描くそうだ。「一つのテーブルに誰を招くか」と課題を与えて話し合いをする。「貴方の肌は、私が飼っている馬と同じ色ね。大好きよ」と言えるような人格形成を目指して教育を進めるのがいいそうだ。白人と有色人との差別が見えた。

 町を通り抜けると高速路。2時間も走ると飛行機の発明者ライト兄の出生地に着いた。視界全てが収穫の終わったトウモロコシ畑。動いているは鳥だけだった。昔・・・日本の広島にアメリカによって原爆が投下されたと言っても、そんなことは関係ないと思っている人たちが住んでいる。        

8%20%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%A8%E6%8A%98%E9%B6%B4.jpg
(子どもたちは千羽鶴が好き)            

9 アメリカ編

ツインシティー

 ミシシッピー川を跨いだ橋を隔てた隣接都市ミネアポリス市とセント・ポール市とは、双方を合わせてツインシティーと呼んでいるそうだ。

 聞けば、ミネソタ州はネイティヴアメリカンとヨーロッパからの移住者とが半分ずつくらいに居住していて、自由・平等を標榜するアメリカらしい都市だと言う。マルティン・ルーサー・キング牧師、マハトマ・ガンジー師の誕生日には市民が平和行進をするそうだし、8月6日や9日には核廃絶の願いをこめて広島や長崎の祈念集会をするそうである。

 これまで訪問した地は、必ずしも原爆投下された側の私たちを寛容に受け入れてくれたわけではなかった。落胆の連続だった三週間を振り返って、少なからず疲れを覚えていた。

 教会の集会で「ヒロシマ・ナガサキ博物館をアメリカに建てればいいのに」と発言があったのは、私の気持を駆り立てるのに充分な言葉だった。「願ってもないことですが、いろいろの障壁があります。アメリカ市民自身で造ってください」と、応えた。

 98年10月6日、ついに、最後のプログラムであるマカレスター・カレッジでの「原爆と平和集会」を迎えた。ここはアナン国連事務総長をはじめ国際平和に貢献している人材を輩出しているそうで、市民の信頼も篤いそうである。

 夕刻から始まる集会には、学生はもとより一般市民もぞくぞくと詰め掛けて来て、広い会場は瞬く間に満杯になった。最終回のプレゼンテーションだというので、私たちの気合も入っていた。私たち4人の発言が終わった後、会場は水を打ったような静けさになった。司会者が「質問を受け付けます」と、何度も呼びかけたが、誰も何も言わなかった。私たちは落ち着かない表情で顔を見合すだけだった。

 ややあって、「もう充分すぎるほど、皆様に語って頂きました。原爆の実相について学びました。これからは、ともに、平和のために働きましょう」と発言する人があった。次の瞬間、拍手の嵐が起こって、大勢の人が私たちに握手を求めようとして近づいて来た。

 日本人の留学生も数人居て通訳をして下さった。「広島の復興にはどれくらいの歳月がかかったか」とか「アメリカを恨んでいないか」と、質問の内容は同じようなものだったが、真珠湾のことを持ち出す人がいなかったのは、流石にマカレスター・カレッジと評価していいものか、それとも、たまたま、そういう意見に出くわさなかったのか不明である。

 対話が出来ないで、不定愁訴が溜まったまま帰国するのかと半ば諦めていたが、少しだけアメリカに希望を見つけたような気がした。

9%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E7%B5%82%E4%BA%8698Oct6.jpg
(最終回のプレゼンテーションを終えて)

10 イギリス編

旧日本軍の捕虜

 広島在住のスウェーデン人女性宣教師、ヨーディス・アンデルソンさんから連絡があった。「ケイコ・ホームズさんに伴われて旧日本軍の捕虜だった元イギリス兵たちが来日なさる。原爆慰霊碑前で戦死者追悼礼拝をするので司式を頼まれた」とのこと。「戦時中の日本軍が凶暴だったので、イギリスの対日感情は良くないのよ。しかし、戦争をする者は同罪だと認識してもらうチャンスだから、啓子、彼らにヒロシマを語りなさい」とおっしゃる。

 私の被爆体験記は外国人に語るために英訳してあったから応じることにした。だが、私に与えられるのは5分間だけと分かったとき、私は自分の体験を語るよりもヒロシマを伝えることが重要だと考えた。
 1998年11月2日。一行は原爆慰霊碑の前に整列された。ヨーディスさんの司式で礼拝は進行していった。彼女の紹介で私は彼らの前に立った。簡単な自己紹介をした後に、市川和子英訳のヒロシマを語る詩・水野潤一「しずかに歩いてつかァさい」を朗読した。

 その詩は、このヒロシマは大勢の人が亡くなった地だから、心して静かに歩いてくださいと訴えた内容だから、聞いて下さった人々の胸を打ったらしく、どこを歩く時も「静かに・・・静かに」と、囁きあって、静かに歩いて下さった。

 ケイコ・ホームズさんは、元イギリス兵捕虜たちの癒しに奔走している功績によって、エリザベス女王から勲章を授与されておられる。報道関係者が「ケイコという名が多いですね。ケイコが揃った写真を撮りますから、並んでください」と促された。私はケイコさんと、そこに居合わせた別のケイコさんと3人並んでカメラの前に立った。ケイコさんが私の耳元で「元イギリス兵捕虜たちは、第二次世界大戦で、自分たちが最も辛い目にあったと信じているのです。イギリスに来て被爆体験を語りなさいよ」と言われた。それを聞いた時、ケイコさんと私の距離が急接近しているのを感じた。

10%20%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E5%85%83%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E5%85%B5%E3%80%80%E5%BA%83%E5%B3%B6.jpg
元イギリス兵たちと
その遺族や家族
(原爆慰霊碑前にて)